ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
Here Comes The Band / KOTEZ & YANCY
二人のレンズ越しに聴こえてくるソウルフルな内容は、ニューオリンズからミシシッピを経て東京へ。

比較的ポピュラーな楽曲がマナーで進化した予想外の完成度は、良い意味で期待を裏切ります。
まさにルーツミュージックへのリスぺクトと新たなる挑戦。必聴です。

KOTEZ & YANCY の9年降りとなる今作は、完全デュオスタイルで真っ向勝負を挑んだ前作「221」とは対象的に、
ホーンセクションも入れたバンドサウンドで見事なアンサンブルが特徴。
「いつ聴いても、何度聴いても飽きない上質な音楽」にとことんこだわった内容に仕上がりました。
オープニングを飾る『Stand By Me』でKOTEZのボーカルがサムクックを連想させたかと思えば、
そのサムクックの名曲『Bring It On Hold On Me』では歌いまわしを変えて聴かせる。 ホーンセクションはマッスル・ショールズのように温かみのある音色で仕上げ、コーラスも加わったゴージャスなサウンドにYANCYのヴリッツァーや、KOTEZのブルースハープが過去と現在をつなぐ。

◯増渕英紀(音楽評論家)◯  以下コメント抜粋

前作の『221』は、2人の絶妙の掛け合い、絡みを中心にしたライヴにも通じるコラボ・アルバムだったが、
今回はホーン・セクションも入れたバンド・サウンドで見事なアンサンブルが特徴。
ライヴのような瞬発力勝負ではなくて、じっくりと時間をかけて丁寧に作り上げられた感がある。

01. Stand By Me
02. Bring It On Home To Me
03. But I Do
04. Here Comes The Band
05. Way Down To New Orleans
06. The Dark End Of The Street
07. This Little Light of Mine
08. Nobody Knows You When You Down And Out
09. You Send Me
10. Blueberry Hill

☆Here Comes The Band 特設 web site☆

YANCY web site
KOTEZ web site
型番 AP1064
販売価格

2,700円(税200円)

購入数
up down