ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
JUN KAWABATA/夢のまにまに オリジナル・サウンドトラック
『生きる』こと…
木村威夫の自伝的要素を加えたヒューマンストーリー


木室創(長門裕之)は、 NK学院の学院長に就任した。その中
で、一人の学生・村上大輔(井上芳雄)が何かと気に掛かる。
大輔は、60年前の戦時中に自分達のような若者がたくさん死んで
いったことの不条理さに苛立ちを感じ、戦時中を生きた木室にその思いをぶつけていた。

‘病を抱え苦悩する青年'との心の触れ合い、そして夫婦の愛をテーマに…
また、木室の妻・エミ子(有馬稲子)も、60年前に大切な人を亡くし、
生き残ってしまったという思いから未だに抜け出せずにいた。
木 室もまた、過去を背負ったまま、老いて死を迎えようとしていた。
しかし、大輔が精神病を患い、学院を中退後に交わした手紙の中で、
若者である大輔が死=自殺をほのめかす。何とか思いとどまらせよう
と木室は手を尽くすが・・・。
そうこうしている折、木室夫婦にもある変化が訪れていた・・・。


原作・監督/木村威夫

01. 瘤広場
02. ALIVE(オープニング)
03. 夢のまにまに(つまずき)
04. 撮影所の情景1
05. チムニー・ストリート(歌唱:Mooney)
06. 傷跡
07. 夜のプラットホーム (歌唱:井上芳雄)
08. 撮影所の情景2
09. 真夜中に
10. 想い
11. 6月の多摩川
12. BALLET
13. 夜のプラットホーム(インストゥルメンタル)
14. 桜の木の下で
15. リンゴの唄(歌唱:万城はるえ)
16. ALIVE(デュオ)
17. 古代楽
18. 目眩
19. 画廊にて
20. 想い(モンロー)
21. 天国への入口
22. ピアノ曲『知覧』
23. 瘤広場(ショートバージョン)
24. 夢のまにまに
25. 夢のまにまに(ストリングス)



So Far 公式HP

試聴はこちら

Jun Kawabata(川端潤)
東京都出身。作曲家、写真家、音楽プロデューサー、映画プロデューサー。
アフリカの自然、ヨーロッパの雑踏、駅やBAR、カフェに魅かれ
旅をしながら写真や音楽を始める。1997年、ジャズ、ブルースロック
ノイズ、実験音楽にスポットをあてた音楽レーベルの『AIRPLANE LABEL』を創設。
現在までに40枚以上のアルバムをプロデュースしている。
1999年に 写真集『Absolute Elsewhere』を発表。2002年には2作目の
写真集『No Matter Where You Go』を発表。
近年は木村威夫監督作品『黄金花』のプロデュース、音楽も務める。


型番 XQFG-1002
定価 2,571円(税190円)
販売価格

2,571円(税190円)