LE KEMONO INTOXIQUE / けもの

21世紀型女性ソロユニットけもの。
菊地成孔プロデュースにより1stフルアルバムをリリース!


HPはこちら

SOUNDCLOUD(試聴)

■アルバム告知動画


■ライブ情報
2013年9月10日
TBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』プレゼンツ
夜電波ミュージックフェスティバル <第一回電波祭>
イベントページ

■解説
04年にジャズヴォーカリストとしてキャリアをスタートした青羊(あめ)が、2010年に自身のソロユニット/アートアクティビティとして立ち上げた<けもの>。ジャズベースでありながら斬新な世界観を持つ青羊の、異様なまでに生々しい歌声と佇まいと、本邦ジャズ界でも屈指の若手実力派によるドープでグルーヴィーな演奏が醸し出す圧倒的な魅力と存在感によって一部のファンから「日本のニーナ・シモン」等と称され、熱狂的な指示を受けて来た。
2012年に菊地がライブ録音を聞き、主催イベント「MODERN JAZZ DISCOTHEQUE 新宿」に招いた事から2年ぶりのアルバム制作の話が現実化、菊地のプロデュースによる1stフルアルバム「LE KEMONO INTOXIQUE(ル・ケモノ・アントクシーク)」に結実する。菊地がプロデューサーとしてサックス、ヴォーカル、作詞、トラックメイキング、カヴァー選曲、スタイリング、アートワーク(カメラマン兼)まで行うのは初の試み。
禍々しさと呑気、ハイスキルと幼稚、呪いと笑いが悠々と混在する、世代感やカルチャージャンル感を越えた、新鮮な作品に仕上がっている。

01. MY FOOLISH HEART
  作詞:Ned Washington/作曲:Victor Young/編曲:けもの
02. アンビエント・ドライヴァー2
  作詞/作曲:青羊/編曲:けもの ・ 菊地成孔
03. 月とあの子
  作詞/作曲:青羊/編曲:けもの ・ 菊地成孔
04. すごいエンジン
  作詞/作曲:青羊/編曲:けもの ・ 菊地成孔
05. フィッシュ京子ちゃんのテーマB
  作詞/作曲:青羊/編曲:けもの ・ 菊地成孔
06. PLUTO
  作詞/作曲:Clare Muldaur Manchon/編曲:けもの
07. BEAT IT
  作詞/作曲:Michael Jackson/編曲:けもの ・ 菊地成孔
08. おおきな木 ver.2
  作詞/作曲:青羊/編曲:けもの ・ 菊地成孔
09. 魚になるまで
  作:菊地成孔/編曲:菊地成孔
10. お菓子なうた
  作詞:越川泉/作曲:青羊/編曲:けもの ・ 菊地成孔
11. フィッシュ京子ちゃんのテーマA
  作詞/作曲 青羊/編曲:けもの
12. DAY BY DAY
  作詞:Sammy Cahn /作曲:Axel Stordahl & Paul Weston/編曲:けもの
13. おおきな木 ver.1
    作詞/作曲:青羊/編曲:けもの

■けものバイオグラフィ
2010年 青羊(あめ)のソロユニットとして活動開始
2011年 1stミニアルバム「けもののうた」をリリース
2013年 1stフルアルバム「LE KEMONO INTOXIQUE(ル・ケモノ・アントクシーク)」をリリース

■青羊(あめ)プロフィール
岩手県釜石市生まれ。
中学から短大までは吹奏楽部でホルンを吹くが、ホルンをやめた後、ジャズヴォーカルのレッスンを受ける。
2004年 ジャズヴォーカリストとして都内でライブを行うようになるが、2006年に活動を休止。
2008年 活動を再開、オリジナル曲の作詞作曲をするようになる。
2010年5月 音楽家としてのソロユニットでありアート・アクティビティでもある <けもの>を始動(活動目的は「本能をカタチにすること」)。
2010年10月 東芝EMI主催のオーディション「EMI REVOLUTION ROCK」に<けもの>としてエントリー。3000組の中から最終選考5組に残り、鈴木慶一、宇川直宏等に高評を受ける。
2011年5月25日 初のミニアルバム「けもののうた」を発売。
2013年9月18日 菊地成孔のプロデュースで1stフルアルバム『LE KEMONO INTOXIQUE(ル・ケモノ・アントクシーク)』をAIRPLANE LABELから発売。

型番 AP1051
販売価格
2,700円(税200円)
購入数