LOVE&PEACE / 内海利勝


商品内容


ビートルズやブルースからの影響が色濃く現れた60年代、
70年代へ捧げるオマージュ的な一枚。
「Sunny side up」での炸裂するエレキギター!! ロックン・ロール!!


キャロルのギタリストの内海利勝の集大成的な作品。
渋くかわいた声はまさにダンディスムと言うにふさわしい。
収録曲も多彩で、「ロッキンドリーム」はアコースティックギターの
リフが印象的な60年代的なミドルテンポのロックナンバー。
「Sunny side up」はエレキギターが暴れまわる。
「悲しいだけじゃなくて」は都会的なバラード、サブタイトルの
『Love&Peace』はアルバム名になっており、アルバム全体を
通しての通奏低音をなしている隠れたメッセージだ。
その他にも、「まるでおとぎ話しのように」はレゲエ調のポップス、
「with myson」はDJとして活動する長男との、ギターとスクラッチのセッション。
さらにアルバムの最後を飾る「west coast blues」はブラインド・ブレイクのカヴァー
ブルースへのオマージュである。

[内海利勝]
72年キャロルのギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、
矢沢永吉、ジョニー大倉等と共に一時代を築いたのち75年に
惜しまれつつも解散。日 本のロック史に残る名盤として5枚のアルバムを発表。
その後、楽曲提供やバンド、ソロ活動、様々なアー ティストとのライブをこなしていく。
98年には妹尾隆一郎、西浜哲男らとBLUES FILE NO.1を結成。
このバンドはマンガ家山本おさむ氏の作品「ヘイ! ブルースマン!」(モーニング)の
モデルバンドとしても知られ人気を集める。03年ソロ・マキシシングル「街」、
04年にはフルア ルバム「LOVE&PEACE」を発表。また「街」をモチーフにした
ショートムービーを映画美術の巨匠、木村威夫氏が手がけており、
同氏の最新映画「馬頭琴夜想曲」との同時上映が決定、
2007年7月21日よりイメージフォーラムにて上映される。


収録内容


01. Rockin' Dream
02. Sunny side up
03. 悲しいだけじゃなくて
04. まるでおとぎ話しのように
05. 街
06. ZUCKER
07. 鳥のように
08. with my son
09. ゆれうごく心
10. west coast blues


リンク


内海利勝 公式HP

HP(試聴)はこちら


※ご注文を頂く際には、info@airplanelabel.comからのメールのドメイン設定をお願い致します。 設定をしない場合、ご連絡が届かない場合がございますのでご注意下さい。
型番 AP1025
販売価格
2,700円(税200円)
購入数