VIOHAZARD / 喜多直毅


商品内容


ジャズ・フュージョンの疾走感と即興性、
タンゴやアラブ音楽で培われた表現力、
プログレを彷彿とさせる刺激的なリズムなどが
渾然一体となった喜多ワールドが全開。


タンゴから"ハイパータンゴ"、そしてさらなる新次元へ

完璧なタンゴ奏法のテクニックと類まれな即興能力を兼ね備えた驚異の
ヴァイオリニスト、喜多直毅が遂に放つ究極のヴァイオリン・ミュージック。

全13曲中11曲を喜多のオリジナルが占める本アルバムでは
ジャズ・フュージョンの疾走感と即興性、タンゴやアラブ音楽で培われた表現力
プログレを彷彿とさせる刺激的なリズムなどが渾然一体となった喜多ワールドが全開。

黒田京子(p)、林正樹(p)、鬼怒無月(g)、宮野弘紀(g)、伊藤輝(p)
佐藤芳明(アコーディオン)、常味裕司(ウード)、クリストファー・ハーディ(per)
海沼正利(per)、さがゆき(vo)ら超実力派ミュージシャンを共演者に迎え
アグレッシヴかつ繊細な弓さばきが縦横無尽に繰り広げられる。

ライブで人気の高い「板橋区」、喜多自身が作詞も手がけた
ミステリアスなバラード「千年前の村」はもとより、宮野、鬼怒が
提供した2曲も一度聴いたら忘れられない名曲だ。

[喜多直毅]
1972年盛岡市出身。
国立音楽大学卒業後、LIPAに留学し作編曲を学ぶ。
卒業後アルゼンチンへ渡り、ピアソラの重要なパートナーであった
F.スアレス・パスにタンゴ奏法を師事。帰国後はタンゴバンド『The Tangophobics』を
主宰し2002年に“Tangophobia”をリリース。
平行してジャズ、ポップス、即興音楽、アラブ音楽等を横断する活動を行う。
2004年には小松亮太のツアーおよCD“Tangologue”の録音に参加。
最近では鬼怒無月の『SALLE GAVEAU』や、翠川敬基の『緑化計画』等に参加。
ソロアルバムとしては“HYPERTANGO”、“HYPERTANGO II”、“VIOHAZARD"を
これまでにリリース。


収録内容


01. 兄と妹
02. 板橋区
03. 2012年
04. 絵の中の戦争
05. NULL SET
06. 吹雪
07. ナオキチカルシラマ
08. 情事
09. 千年前の村
10. 夢
11. 旅する者が出会うのは
12. 機械のカラダ
13. 夜明け


リンク


喜多直毅 公式HP

HP(視聴)はこちら


※ご注文を頂く際には、info@airplanelabel.comからのメールのドメイン設定をお願い致します。 設定をしない場合、ご連絡が届かない場合がございますのでご注意下さい。
型番 APX1003
販売価格
2,592円(税192円)
購入数