メビウスの鳥 / 蜂谷真紀 + ユーグ・ヴァンサン


商品内容


フランスのチェリスト、ユーグ・ヴァンサン、
日本のボイスインプロヴァイザー蜂谷真紀。

明日の音を旅して止まぬ鬼鋭2人が意気投合。
遂にジャンヌ・ダルクの故郷、オルレアンのスタジオにこもった。

これは大人の真剣な遊びの記録。
夢は過激。ウィットは無国籍。
アコースティック、エレクトリックパンク、三つの風、そして・・・。

蜂谷真紀 : vocal, voice, piano, electronics, compose
「声」で空飛び「歌」で絵を描く双子座B型。
クラシック、JAZZ、ロック、短波、自然界の音、等....
様々なグラウンドを解体進化させつつ明日を探してやまぬ旅人。
日本と海外で勢力的にライヴを重ね、数々の素晴らしい個性と共に
次なる斬新なコネクションを生み続けている。
リーダーCD【ミクロマクロ/with加藤崇之】【木の声/with是安則克】
【たからもの/with田中信正, 喜多直毅】
オリジナル曲の起用は「大原美術館70周年:絵画のための音楽会」、
映画「テトラポッドレポート(富永昌敬監督)」等。
三池崇史監督の8作をはじめ映画音楽への録音も多く、
映画「八日目の蝉」(成島出監督)では謎の唄うたいレピ役で出演している。

ユーグ・ヴァンサン (Hugues Vincent) : cello / electronics, objects
クラシック音楽をDenise Cherretに師事、
ジャズをEdim & Conservatory of Montreuilにて学ぶ。
長期に渡り、Franck Smith、mori-shige、Jolle Landre、蜂谷真紀、大友良英、沖至、
David S Ware、Vincent Courtoisなど様々な演奏家との共演を重ねている。

又、ユニットとしてはFrantz LoriotとのBobun、スカバンドのLe plican fris、
アコースティック・トリオのBolitzでの演奏活動を行う。
作曲家としてRoland Toporのテキスト作品を元にした
Four Roses For Lucienneに楽曲を提供。
ダンスの領域に於いてはChia Yin Ling、Tenko Ima、Imre Thorman等と共演。
近年はソリストとして、ドイツ、スイス、ベルギー、オランダ、イタリア、スペイン、
アメリカ合衆国、モロッコ、エジプト、日本等、世界を舞台に活躍中。


収録内容


01. 壱 deux 参 quatre
02. Pistachio Tree [ピスタチオの木]
03. 不定形なメッセージ
04. 四月の風
05. ラジオの風
06. ちょっと不機嫌
07. もう怒った!
08. ナカナオリの法則
09. テトト テトト スミソニト
10. Poodle in Cab [タクシーにプードル]
11. Tea & Tears[お茶に涙]
12. ねじ式散歩
13. メビウスの風


※ご注文を頂く際には、info@airplanelabel.comからのメールのドメイン設定をお願い致します。 設定をしない場合、ご連絡が届かない場合がございますのでご注意下さい。
型番 APX1014
販売価格
2,160円(税160円)
購入数